スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

十三まいり 嵐山法輪寺 (2)

 3月25日(日)
京都嵐山の法輪寺に、娘の「十三まいり」に行ってきました。

3月29日8 

「十三まいり」ってご存知ですか?
実は私自身、そんな風習があることを最近知った次第なのです。

そういえば、息子が13歳の時には知らなかった(笑)

主人なんて、いまだに「十三まいり」を「じゅうそうまいり」と読んで、
即、娘に「じゅうさんまいり!!」って訂正される始末。
関西人は、「十三」と書いて「じゅうそう」と読んでしまうんですよね

主人も私も神戸出身の我が家では、
「十三まいり」は、なじみの薄い行事なのです。

娘に振袖を着せたくて、お参りすることを決めたようなものです。



「十三まいり」は、
関西では京都嵐山の法輪寺が有名で、
数え年十三歳になると、成人の儀礼として法輪寺に参拝して、
十三歳の厄難を払い、智恵を授けていただけるように
虚空蔵菩薩に祈願する行事だそうです。


法輪寺は、阪急嵐山駅をおりて徒歩5分くらいのところにあります。

↓ 小さな石橋を渡ると、長い石段があり、
そこを上りきると、本殿がありあります。

3月29日4  
3月29日9

雨が降ってきました

本殿に着くと、社務所でご祈祷の申し込みをして、
ご祈祷御符、知恵のお箸、お守り、お干菓子、
お数珠などをいただき、
胸に、「十三まいり」と書かれたバッチのようなものをつけてもらいます。


それから、
紙に墨と筆で、祈祷していただく漢字一文字を書きます。
 
ほかのお嬢さんたちは、「夢」とか「美」とか書いていらっしゃいました。

娘は、バレエが上達するように と、
「舞」 という字を選びました。

やはり頭の中は、バレエ一色のようです。。。。

3月29日6 

ここで事件が発生!

予想通り、墨を手につけてしまい、
それを取ろうとしてあちこちに墨が広がり被害が拡大・・・・
家族一同大騒ぎに 

幸い着物が汚れずに済んでやれやれでした。

もし、十三まいりに行かれる方がいらっしゃいましたら ご注意くださいね。
ここは、睨みをきかせておかなくてはならない要注意ポイントです!

このあと、本殿で家族全員でご祈祷をしていただき、
無事、13歳の厄を落としてお知恵を授かることができました♪ 


でも、お参りが終わっても気を緩めてはいけないそうです。

すれ違う地元京都のハイカーの方が、口々に
「渡月橋を渡りきるまでは絶対に振り返ったらあきまへんえ~」
とお声がけくださいます。
振り返ると、せっかく虚空蔵菩薩さまにいただいたお知恵がなくなってしまうそうです。

そうなっては一大事!
気持ちを引き締めて、そそくさとお寺を去りました。

続く。。。


スポンサーサイト

  1. 2012/03/30(金) 11:28:21|
  2. おかん日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

十三まいり 嵐山法輪寺 (1)

3月25日(日)大安吉日

京都嵐山の法輪寺に、娘の十三まいりに行ってきました。

この日を一番楽しみにしていたのは、実は私。
張り切って、3回に分けてレポートします

3月29日 

振袖娘を連れて歩くのが、長年の夢だったんです。
お茶屋さんで舞妓ちゃんと遊ぶおじさんのノリ・・・という感じでしょうか
数日前から、私一人がうきうき気分でした。


この日は、娘は朝8時に美容院入り。
半世紀以上前の古い振袖に合わせて、髪も日本髪風に結っていただき、
昭和の香りただよう振袖娘ができあがりました(笑)

私は、前日に美容院で髪をアップにしていただき、そぉ~っとそのまま寝て、
当日朝に自分で着物を着ました。
誰も、付き添いの母のことなんて見ないでしょうから手抜きです


娘の振袖はもともと叔母のものでした。
私のもとにきたときには、
もうこんなかわいらしい着物は着られない年になっていて、
そのまま箪笥に直行・・・20年間眠っていました。
振袖も、また晴れの席に出てこられて喜んでいることでしょう。

帯揚げ、帯締め、刺繍の半襟、伊達衿、 前かんざしは、私が成人式のときのもの。

つまみ細工のかんざしは、娘が七五三のときのもの。

草履だけは、足が大きすぎて(24.5センチ!)
家にはサイズのあうものがなくて購入しました。
(ちなみにトゥシューズのサイズは25センチです。ありえへん


一つ一つのものに思いが詰まっていて、
美容院で娘がお支度していただいている姿を見ながら、
ちょっと うるっ ときちゃいました。

本当は、十三まいり用に誂えてあげればよかったんだけど、
諸事情ありまして・・・
寄せ集めになってしまってちょっと心配でしたが、
逆に、おばあちゃんをはじめ、いろんな方に喜んでいただいたので、
これでよかったかも知れません。


支度も整ったところで、
面倒くさがるお兄ちゃん(高1)を無理やり引っ張り出して、
写真館で家族4人の写真を撮り、
おばあちゃん(私の母)と合流して、車で1時間半の京都嵐山へ!

続く。。。。



  1. 2012/03/30(金) 08:47:23|
  2. おかん日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プリザ 体験レッスン

お花の教室「アトリエみき」☆魚崎サロン教室☆

ホームページをご覧くださった生徒様が、
プリザの体験レッスンにいらしてくださいました。

3月29日2 

シックな赤のプリザと
元気なグリーン×オレンジのプリザの2種類から
お好みの方を選んでいただきました。

魚崎サロン教室では、
生徒さんのご希望を伺いながらカリキュラムを決めています。

ご自宅のインテリアや飾る場所にあわせて、
お好みの色や大きさの作品を作っていくことができます。

次回は、グリーン系のリースを製作していただくことになりました。

私も楽しみです





さてさて
まあ聞いてください

昨日の朝、頭が真っ白になるほどの大事件がおこりました。

携帯電話の電源が、突然入らなくなってしまったんです

前日の夜まで普通に通話してたんですよ。。。
なのに、朝起きて電源をいれようとしたら、全く作動しないんです。

私は、スケジュールも住所録も電話帳も、データを全部携帯電話で管理していたので、
それが作動しないとなると、直ちにパニックに陥ってしまいました

すぐに、壊れた携帯電話をにぎりしめて、
ドコモショップに駆け込んだところ、
原因不明の「故障」とのことで、無償で代替器を貸してくれました。

が、・・・ほっとしたのも束の間

「データは復旧するかどうかわかりません。バックアップはとってますか?」
と聞かれ、打ちのめされてしまいました。

バックアップ・・・とってないよぉ

まさか自分の身にこんなことが起こるなんて思いもしなかった。
この携帯、まだ1年ちょっとしか使ってないのに。

でも、よく考えてみれば、精密機械なんだから
ちょっとしたことで壊れることもあるわよねぇ。。。

機械を過信せずに、バックアップはまめにとらないといけませんね。

ドコモの店員さんによると、
データを、携帯に内蔵しているSDカードに保存するのはもちろんのこと、
携帯ごと紛失してしまうこともあるので、
CDなどに保存して携帯と別に持っているほうがいいそうです。

なるほど、危機管理ですな

こんどからは面倒くさがらずにちゃんとやります。


ブログをご覧くださっている皆様
もし私の携帯のメルアドをご存知でしたら、メールください。
私からは、もうメールを差し上げることはできないかもわかりませんので




  1. 2012/03/30(金) 00:19:37|
  2. ☆魚崎サロン教室☆|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

娘の小学校の卒業式に行ってきました

3月17日(土)
娘の小学校の卒業式に夫婦で出席してきました。

3月19日 

娘の制服写真を載せるのはどうか・・・とか、
学内の写真もダメかな・・・とか、
いろいろ考えていたら、
エントランスで娘が撮ってくれた
夫婦ツーショットのこんな写真を掲載することに(笑)

おめでたい感じ、出てますか

同じメンバーで付属の中学に進学するので、
「お別れ」という感覚は親子ともにあまり無いのですが、
やはり、お世話になった先生方や親しんだ校舎と離れなくてはならないのは
ちょっと寂しいです。。。

でも、中学では新しい出会いも沢山待っているでしょうし、
私自身も、学生時代に通ったキャンパスに、
PTAとしてまた通えることになるので、
とても楽しみです♪


さて、この春は息子も中学卒業・高校入学を迎えるのですが・・・

こちらは完全中高一貫(6年制)なので、
卒業式も入学式も、子供と先生だけであっさりと実施されるらしく、
入学式のあと、すぐ授業だそうです(笑)

予想してはいましたが、息子の方は親の出番は全くなしです 

「学費、振り込んどきますんで、あとはよろしゅうに!」



  1. 2012/03/19(月) 10:50:26|
  2. おかん日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スプリングエアリーツリー

お花の教室「プティ・フルール芦屋教室」
(芦屋市民センター*水曜日開催)

ダイナミックで伸びやかな空間アレンジを製作しました。

3月16日 

「スプリングエアリーツリー」
軽やかにふわりとそよぐ
春のお花とシンビジューム

軽やかにのびのびと活けてくださいました♪



  1. 2012/03/16(金) 00:40:25|
  2. ☆プティ・フルール芦屋教室☆|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

バラ尽くしの豪華なアレンジメント

お花の教室「プティ・フルール芦屋」
(芦屋市民センター*水曜日開催)

色とりどりのバラを使って、
デコラティブなアレンジメントを製作していただきました。

3月9日 

きれいやねぇ~



  1. 2012/03/08(木) 23:44:49|
  2. ☆プティ・フルール芦屋教室☆|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ネイル☆パールピンクのグラデーション

エリコネイルのグリッターパウダー(パールピンクERI-35)
で、グラデーションにしてみました。
超簡単手抜きネイルです

3月8日 

リフト→オフの繰り返しで爪が薄っぺらになってしまったので
このところずっと素爪で過ごしていたのですが、
薄くなった爪の端がパリパリと割れてきてしまいました。。。
指先の爪の裏側のところまで亀裂がぁ~

仕方ないので、弱った爪の上からまたネイルで補強することに・・・

悪循環から抜け出せません


この地味色のグリッターは、
私のような小爪の人にはもってこいの色目なのですが、
元の色(塗る前)は、こんな色なんです!

3月8日2 

ありえへんほどラブリーなピンク
私の年齢ではちょっと痛いお色でしょ

実は、以前ネイリストさんに
「このグリッター、意外と落ち着いた色になるのよ」
って教えていただいたことがあるので、
今回、あまりビビらずに使うことができました。
エリコネイルのこのパールのグリッターシリーズは、
どれも、粉のときよりも落ち着いた色に仕上がるようです。
使ってみなければわからないものですね。



  1. 2012/03/08(木) 10:42:13|
  2. おかん日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ボールブーケ

お花の教室「アトリエみき」☆魚崎サロン教室☆

少し前のレッスンですが、
お雛様の飾りを兼ねて、
ちょっと和風の「ボールブーケ」を製作していただきました。 

3月7日  

二つ並べて・・・ハート

3月7日2


ボールブーケから飛び出すように挿されたローズヒップ(バラの実)は、
野放しガーデン(我が家の裏庭)の「バレリーナ」というバラの実です。

「バレリーナ」は、ピンク色の一重咲きのつるバラです。
お花も可憐でとてもかわいいのですが、
秋~冬の真っ赤なローズヒップも魅力なんです♪

今年も5月の連休頃に、かわいいお花を咲かせてくれるでしょう。



  1. 2012/03/07(水) 23:29:24|
  2. ☆魚崎サロン教室☆|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

なんちゃって日本髪

娘の髪の毛で遊んでみました

インターネットのサイトに、
「ママが結う七五三のお子ちゃまの髪」
という記事を見つけて、娘を拝み倒して結わせてもらいました。

2月26日2 

↓ ひとつ前の記事の一週間前です。

娘は、お人形遊びにはちっとも興味を持たなかったのですが
私は子供のころ、「リカちゃん人形」が大好きで、
いつもお人形の髪を結んで遊んでいました。

リアル☆リカちゃん遊びは、お人形遊びの何倍も楽しいです

「苦しい~! 痛い~! 頭、はずしてもいい~?」
って、文句が多いのが難点だけど(笑)



  1. 2012/03/06(火) 08:41:31|
  2. おかん日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

我が家の雛祭り

おばあちゃん(私の母)が、
お手製のちらし寿司を持って、遊びに来てくれました。
 
3月3日2 

右)おばあちゃん・・・小学生の孫に身長を抜かれています 

ここ数年、お手軽に親王飾りで済ませていたので、
今年はちょっとがんばって段飾りです!

場所は和室ではなく、はじめて2階の階段の踊り場に飾ってみました。
段飾りにぴったりのスペースで、
「こんな場所があったのか!」と、目からうろこの飾り場所でした。
2階のプライベートゾーンなので、
お客様の目に触れることがないのが残念なのですが・・・


「子供が大きくなると、だんだんお雛様を出さなくなるのよ」
っていう声もよく聞くので、
娘に着物を着せて記念撮影までしました♪
(私が照明担当、パパが撮影担当)

雛人形と着物娘の図・・・なかなかいいものです

この着物と帯は、私が若い頃にお茶のお稽古に着ていたものなんですよ。
まだちょっと裄が長いけれど、肩上げなしでも着られるようになりました。
娘も大きくなったものです。

3月3日 

↑ 着付けがちょと変なのはご愛嬌

おばあちゃんは、自分が娘(私)のために買った着物を、
四半世紀後(!)に孫が着ている姿を見て、感無量の様子でした。
ちょっと親孝行ができたかな。

お食事が終わって、おばあちゃんが帰宅すると、
「苦しい~!しんどい~!」と言って、
さっさと脱いじゃいましたけど。

今年の我が家の雛祭りは、
おばあちゃんと私と娘・・・女三代が
「リアル着せ替え人形」で楽しみました



  1. 2012/03/03(土) 17:50:51|
  2. おかん日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
02月 « 2012年03月 » 04月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

miki

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。