スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

和プリザ こけ玉風アレンジ

お花の教室「アトリエみき」☆魚崎サロン教室☆

プリザーブドフラワーで、
和風のアレンジメントを製作していただきました。

生徒様の作品です↓

5月30日 

和風の作品を制作してみたいとのリクエストにお応えして、
こけ玉風のデザインをご提案しました。

椿のお花は、アーティフィシャルのペップ(花芯)と、赤いバラで作ります。
ペップは、黄色いカーネーションをフェザーリングして使う方法もあり、
オールプリザにこだわりたい方におすすめです。

プリザのお花は、花首だけで販売されているので、
茎を見せないデザインになることが多いのですが、
こうしてワイヤリングして枝物を作ることもできるんですよ!

椿の葉には、アイビーを使用しています。
濃い緑の照り葉のものなら何でもいいと思います。



いろいろと考え出す人がいて、
プリザの専門誌などを見ると
バラのお花から芍薬とかスイートピーを作る方法などが、
沢山紹介されています。 

すごいね


スポンサーサイト

  1. 2012/05/30(水) 13:53:58|
  2. ☆魚崎サロン教室☆|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アキレス腱断裂日記 (断裂5日目 手術1日目)

手術前日、麻酔科の先生から麻酔の説明がありました。

全身麻酔の予定でしたが、
2~3日前から風邪でのどに炎症があったため、
急遽、下半身の局部麻酔に変更になりました。

全身麻酔だと、人工呼吸のチューブを気管に入れないといけないらしいのですが、
のどに炎症があるとそれができないんだそうです。

へぇ~知らなかったなぁ。


手術前日は、夕食は絶食、飲み物は夜8時までで絶飲でした。
よく眠れるように、軽い睡眠薬を処方されました。


認知症のおばあちゃんの声に涙しながらも、
薬のおかげでよく眠れました


翌朝、9時半ごろ(忘れた)に手術着に着替えて手術室に移動しました。


下半身の麻酔は、
「腰から太い麻酔針を刺すとき、痛くて死にそうだった」
と、友達が言っていたので、すごく怖かったのですが、
実際は、太い針を挿す前に、チクッとする程度の痛み止めの注射をしてくれたので、
痛みは大したことなかったです

手術する側の右足の方に麻酔が強くかかるように
針を挿す位置を微妙に調整していると伺って、
なんだか必殺仕事人みたいやなぁ・・・と、ちょっと感動。

でも、もし次回・・・があるなら・・・全身麻酔でお願いしたいです。

全身麻酔なら寝ている間に全部終わるけど、
局部麻酔は意識があるので、
手術の間中、先生たちの話声(時に世間話も)や、妙なBGM(Jポップでした)が、
ずっと聞こえていることや、
手術台の上で手術着一枚でいろんな恥ずかしい姿勢(いや、医療行為だから恥ずかしくない)
を取らなくてはならないことが情けなかったです(いや、医療行為だから情けなくない)

2度の出産のときも思いましたが、
もう、どうにでもしてください
という心境になりますね。

手術はうつ伏せの姿勢で、約1時間半で終了しました。
顔と首が凝り固まって痛かったです。


夕方にはすっかり麻酔もさめて、松葉杖でトイレに行きました。
夕飯も完食。


先生がおっしゃったとおり
安全で簡単な手術だったのだと思います。
それは、手術中の先生たちのリラックス加減でわかりました。

大変なのはこれからか・・・




  1. 2012/05/30(水) 12:24:19|
  2. アキレス腱断裂日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アキレス腱断裂日記 【4日目 入院】

入院予約をしてから入院するまでの二日間が、
一番大変だったように思います。

隣に住んでいる主人の母が、
私が留守の間、我が家のお掃除をしてくれることになり、
散らかった我が家を見てショックで卒倒されては一大事
嫁としての見栄もあって、
滅多にしない大掃除を敢行しました。

松葉杖&ほふく前進で(笑)
 
自分の母が家に来て掃除をしてくれるのなら、
「この際、綺麗にしといてね よろしく 」
って言えたんだろうど・・・
さすがに、鈍感で図々しい私でも、お姑さんには、そんなこと言えません


そんなこんなであっという間に二日が経ち、
入院準備もままならないまま、六甲アイランド病院に入院する日がやってきました。







病室は、6人部屋。

出産のときは、同じ病院でも母子同室で個室だったので、
今回がはじめての相部屋での入院でした。

入院手続きのとき、
主人は「個室にしとけ」と言ってくれたのですが、
体は全然元気だし、
怪我でみんなに迷惑をかけて、その上個室だなんて・・・
なんだか家族に申し訳なくて、
費用(差額ベッド代)のことが気になって、相部屋を選択しました。



でもこの選択が、
一週間の入院生活の間中ずっと心が痛くなることになるなんて、
そのときは思いもしませんでした。



病室には、私以外に3人の70代~90代のおばあちゃんが入院されていました。
皆さん足の手術をされた方でした。

一番高齢のおばあちゃんが認知症らしくて、
息子さんの名前を、毎日毎日、朝も夜も、ず~と呼んでいらっしゃるのです。

「よしお~痛いよぉ~来てよ~ よしお~痛いよぉ~来てよ~」
って。
その声を聞くたびにかわいそうで涙がこぼれました。

私が入院していた一週間の間、
「よしお」も家族も誰もお見舞いにはいらっしゃいませんでした。

「よしお 来たれや」(←お下品ですみません)
って、何度思ったことか。

やっぱり、息子はあてにならんな。
という結論に達しました



ほかのお二人の同室のおばあちゃんも、いろいろご事情がおありのようで、
そんな話を、カーテン越しに漏れ聞くにつけ、
辛く悲しい気持ちになってしまいました。

そういう私自身も、入院で留守にしている間に、
もう凄すぎて笑っちゃうしかないような大事件が起こったので、
同類なんですけど・・・
だから、なんだか他人事とは思えなくて、辛かったのかもしれません。


あっ・・・我が家の大事件は、
すみませんが今はブログでは申し上げられないのです。
深く考え出すと夜も眠れないようなことなのですが、
家族会議の結果、ケセラ♪セラ♪で、笑って済ますことにいたしました


入院生活は、期待したようなバカンスなどではなく、
「人間とは・・・」みたいなことを考える、哲学の時間になってしまったのです。

↑ まあ、あたりまえやね(笑)



  1. 2012/05/30(水) 10:07:02|
  2. アキレス腱断裂日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

うさぎと苺の押し花額

5月15日(火)
お花の教室「アトリエみき」☆魚崎サロン教室☆

「苺」と「カラムシ草のうさぎのコラージュ」 の 押し花額を製作していただきました。

5月17日

小さい作品ですが、大変手間がかかっています。

作品が完成すると、苦労も報われますね♪



上の作品の生徒様とは別の方ですが、
この日も、私の松葉杖姿を初めてご覧になる生徒様がいらっしゃいました。 

何もご存知ない生徒様を、玄関先にくるくる椅子でお出迎えして、
「え~っ!!どうされたんですか~??」
と、びっくりされる様子を、ひそかに楽しんでいます

それから、かくかくしかじか・・・私の小話が10分・・・

そのあと、
生徒様 「松葉杖大変じゃないですか?」
私 「ちょっと使ってみる?」
と、松葉杖の体験会などがあり・・・

ようやくレッスンが始まります(笑)



話は変わりますが、
先日、私が所属する押し花団体「ふしぎな花倶楽部」の事務局からお電話があり、
「レッスンご希望の生徒様がいらっしゃるのですが、先生の教室は受け入れ可能ですか?」
と問い合わせがありました。

日程的には大丈夫だったのですが、
どう考えても、新規の生徒様のご期待には添えないと思いお断りしました。

ちょっと連想してみてください。

いきなり、くるくる椅子に乗った先生が登場して、
まず、ドン引き。
レッスンが始まると、
「ちょっとアレ取って これあっちに動かして」 
って、先輩の生徒様をこき使っている様子をご覧になって、さらにドン引き。


・・・無理だ・・・絶対無理だ・・・


自宅教室でのレッスンを希望される生徒様は、
たいていの場合、
「おしゃれで素敵な先生」
「洗練されたインテリア」
「レッスン後おいしいお茶とお菓子でランチやファッションの情報交換」
そんな様子をイメージされていらっしゃるのです。

今の魚崎サロン教室は、その対極なのですからぁ~(笑)
 


  1. 2012/05/17(木) 12:53:23|
  2. 押し花|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アキレス腱断裂日記 【手術治療か?保存治療か?】

私は手術を選んだのですが、
アキレス腱断裂の治療に、手術をしない方法があることを
今回はじめて知りました。


救急車で搬送された南芦屋浜病院でも、
手術をしていただいた六甲アイランド病院でも、
まず、説明されたのが、治療には二つの方法があるということです。


ひとつは、手術をして、糸でアキレス腱をつなぐ方法。
もうひとつは、手術しないで、足首を固定して自然にひっつくのを待つ方法。


手術しない方法が最近増えてきているようで、
この治療方法だと、
入院の必要がなくて、
手術の傷あとが残らないのがメリットだそうです。
デメリットとしては、
治療途中に再び同じ場所を断裂してしまう「再断裂」の確立が
ほんの数パーセントだけ高いというデータがあるそうです。


それだけ聞いたら、手術しないほうがいいように聞こえませんか?


でも、 単刀直入に、
「先生は、どっちがおすすめですか?」
とお聞きしたら、どちらの病院でも、
「個人的には、手術がおすすめです。」
とおっしゃたんです。


これにはちょっと食いつきました
「どうして?どうして?」


その理由は、「再断裂したらやっかいだから」


そうか・・・
再断裂か・・・それは嫌だな・・・
 

それに、ブチッと切れてしまっている腱が、
ギブスで固定するだけでひっつくなんて、
どう考えても
「それはないやろ~
と思っちゃうんです・・・素人さんは。


ガシガシ縫ってつないだほうが、
なんとなく安心なような気がするんですよ・・・素人さんは。


もしかしたら、先生方も?(笑)


私は、元々手術しない方法があることも知らなかったし、
ちょうどこれから連休だから、
旅行に行ったと思って1週間入院していればいいし(←家族に対して無責任ゴメン)、
たとえ足に傷ができたとて今からお嫁に行くわけでもないし、

じゃあ手術にし~よう  と、
迷わず決めました。


いろんな病院をまわって、
サードオピニオン(?)を聞いてみる気力がなかったせいもあるんですけどね。。。


まあこんな感じで、私はすんなりと手術を選択したのです。


つづく



  1. 2012/05/17(木) 10:09:13|
  2. アキレス腱断裂日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本当の野放し状態に突入しました。。。

野放しガーデンが一年で一番美しい季節を迎えました

いえ・・・迎えるはずでした


家族から
「足が治るまでは、庭をちょろちょろするな
と言われているので、
野放しガーデンはほったらかしで、
5月だというのに、すでに草ボーボー完全野放し状態に突入しています。


オベリスクに絡ませたイングリッシュローズ「マサコ」は、
この通り暴れ仕立てになってしまいました。

5月16日3

5月16日4 

↑  皇太子妃雅子さまにちなんで名づけられたバラです。 
名前にふさわしく、お花だけ見たらこんなにお上品なんですけど・・・
誘引に失敗して、枝ぶりは暴れん坊(笑)



↓ 雑草だらけの芝生から、チリーアヤメが顔を出しました。
ちいさくてかわいいお花です♪

5月16日5  


↓ 色んな植物が巨大化して収拾が付かなくなっている西側の花壇

5月16日 

↑ 奥の黄色いお花は、寄せ植えの小さなポット苗が、
地植えにして一年でこんなに巨大化しました。

自宅教室にいらっしゃった生徒さんに、
「あの黄色いお花は、何ですか?」とよく聞かれます。

今まで、「さあ・・・多分・・・黄色いマーガレット・・・かな?」
と、いい加減なお答えをしていたのですが、
このブログを書くにあたって調べてみたら、
「マーガレットコスモス」という名前のお花だということがわかりました。

こんなに沢山咲いてくれているのに、こう言ってはなんですが・・・

そんなに好きじゃない

黄色の色味が、強すぎてちょっと・・・

特に思い入れの無いお花ほど、ほったらかしても巨大化するんですよね


伸びきった枝を剪定して、雑草を抜きたくて仕方がない今日この頃です。


 



  1. 2012/05/16(水) 19:41:58|
  2. ガーデニング|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ナチュラルカラーのフレームアレンジ

お花の教室「アトリエみき」☆魚崎サロン教室☆

プリザーブドフラワーとアーティフシャルフラワーを使って
フレームアレンジを製作していただきました。

5月17日 

どれがプリザでどれがアーティフィシャルかわかりますか?

クリーム色のポンポン咲きのお花と、ビバーナムの花と葉がアーティフィシャルです。

私は、
ビバーナムのお花のようなボリュームのある小花や、
クリアな黄緑色の葉は
アーティフィシャルを使用することが多いです。

プリザにはこういった素材がなかなかないのです。


高品質のものをうまく取り混ぜて使うと、
プリザだけのときよりも豪華で瑞々しく仕上がるように思います。

5月16日2 

↑ 大きなお花から順に、
バランスよく配置していきます♪



この日は、退院後はじめてのレッスンでした。

生徒様には、私がアキレス腱の手術をしたことをお知らせしていなかったので、
松葉杖姿でお出迎えしたときは、
本当にびっくりなさったご様子でした。

でも、レッスン中、コマつきのくるくる椅子に座って、
家の中を縦横無尽に動き回る私の姿を見て、
「先生!すご~い!」
って(笑)

「いえ それほどでも  おほほっ」


最近では、くるくる椅子での移動も板についてきて、
自宅教室でのレッスンに自信がわいてきましたよ~♪

がんばります



  1. 2012/05/15(火) 21:59:03|
  2. ☆魚崎サロン教室☆|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アキレス腱断裂日記 【2日目 六甲アイランド病院へ転院】

救急車で自宅から少し遠い南芦屋浜病院に運ばれ、
3日後の手術の予定も決まりかけていたのですが、
ふと、
術後のリハビリで何度も通うことも考えると、
できるだけ近所で、交通の便の良い病院のほうがいいと思えてきました。


そこで、申し出るなら早いほうがいいと思い、
処置してもらっているその場で、
先生に、掟破り?恩知らず?ともいえる転院を申し出ました。


とはいえ、どこの病院で私をひきうけてもらえるか全くわからなかったので、
とりあえず、あて先の書かれていない「紹介状」を作ってもらい、
翌日、飛び込みで(←こういうときはなんて表現するのか?)
近所の六甲アイランド病院に行ってみることにしました。


その日の夜は、ギブスで固定した患部が腫れてきて
少し痛みがでてきたので、処方していただいた痛み止めの薬を飲んで寝ました。

でも、アキレス腱がブチッと切れているにしては、
痛みの度合いがなまぬるすぎるのが、不思議でなりませんでした。


完全に切れるとあまり痛くないのかな?







翌日4月24日(火)、実家の母に付き添われ、
六甲アイランド病院の形成外科の外来で再受診しました。


担当してくださったのは、とってもお若い男の先生で、
すごく丁寧でやさしい感じだったのですが、
何でも看護師さんに確認されるのでちょっと心配になりました。


先生から「アキレス腱の手術は下半身の局部麻酔で行いますので」
と説明を受けて病室を出た直後、
看護師さんが小声で「麻酔は、全身麻酔ですので」
と訂正されたときは、

「先生・・・もしかして手術初めて・・・?」
という疑念が浮かんで、

医学の発展のために
私はこの右足を捧げなくてはならないのか

と、かなりブルーな気分になりました。



付き添いの私の母によると、
このときの私の目が、「死んだ魚の目」になってたそうです。



後からわかったことですが、この病院にこられて間もない先生で、
病院のシステムがまだよくわかっていらっしゃらなかっただけのようです。


ちょっとした笑い話です




4月26日(木)入院→4月27日(金)手術が決まりました。


断裂してから、4日後に手術・・・
先生によると、全く問題ないタイミングなのだそう。

ちょうどゴールデンウイーク前だったので、
もし手術予約がとれなくてこのタイミングを逃すと、
連休明けになるかもしれなかったので、
手術日程が決まって、ほっと一安心して帰宅しました。



 



さて、安心したのもつかの間、それからが大変でした。


☆お花の教室の生徒さんへのご連絡や、
代わりにレッスンを担当してくださる講師の先生へのご連絡。

☆私が入院中、我が家のお掃除をしてくれるという主人の母に、
気持ちよくお掃除していただけるような環境作り
(↑ 要するに松葉杖で大掃除 普段から家の中は綺麗にしておきましょうね!)

☆主人と実家の母へ容赦なく家事を割り振り・・・

☆頼りない息子に「男のお前がしっかりせい!」渇を入れ、
責任感の強い娘に「がんばりすぎなくていい」と安心させ・・・



とにかく、入院までの2日間は、
仕事と家の段取りにおおわらわでした


つづく




  1. 2012/05/14(月) 14:37:03|
  2. アキレス腱断裂日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

母の日のカーネションテディベア

 お花の教室「アトリエみき」☆芦屋教室☆
(芦屋市青少年センター*火曜日開催)

昨日5月13日(日)は 母の日でした。
母の日の少し前に、
カーネーションでかわいいテディベアを作るレッスンをしました。

5月13日

ピンクのベアは、ピンクのスタンダードカーネを7本と白を1本使用しています。
黄色のちいさいベアは、スプレーカーネ1本です。

母の日の定番と言っていいこのデザインですが、
最近の流行は、プードルからベアに変わってきているようです。

私の個人的な考えですが、
花で生き物を表現するというこの発想の原点は
日本伝統の【菊人形】にあるのではないか・・・
と常々思っているのですが(笑)
どうでしょうか?


それはさておき、
このカーネーションテディベアは、
プリザで作ることもできます。

↓ プリザの見本がないので、ダッフィーの画像です。 
 ダッフィー


ミルクティー色のプリザで、ダッフィーちゃんみたい作ると、
小さいお子さんだけでなく、大人の方へのプレゼントなどにもとても喜ばれます。



  1. 2012/05/14(月) 12:49:52|
  2. ☆芦屋教室☆|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アキレス腱断裂日記 【1日目 南芦屋浜病院救急搬送】

調子に乗って、「アキレス腱断裂日記」というカテゴリを作っちゃいました。





テニススクールの皆さんに手を振って見送られ、
(恥ずかしかった
救急車に乗り込みました。


すぐに発車するのかと思ったのですが、
怪我の状態を判断したり、
受け入れ病院の確保などで
10分くらいはテニススクールの前に停車していたと思います。


どこに搬送されるか知らされないまま救急車が発車し、
10分ほどで、南芦屋浜病院に着きました。


できるだけ自宅から近い病院を探してくださったのですが、
何件かあたってくださって最終的に受け入れ可能だったのは、
自宅からのアクセスが電車で3駅+バスの少し遠い病院でした。


病院に到着後、すぐに処置室に運ばれて、
形成外科の先生の診察を受けました。


先生も看護婦さんも、
「あれれ~またアキレス腱断裂しちゃった運動不足の中年女性だよ」
とは、決しておっしゃいませんでしたが、
 絶対そう思っているに違いないと察しました


実際、30~40代の女性がテニスで怪我をする事例が多いそうで、
しょっちゅうそんな人が運ばれてきますよ的な雰囲気で、
慣れた様子で処置してくださいました。


うつぶせに寝た状態で足を膝から直角に曲げて、
ふくらはぎをぷにゅぷにゅと触って、
「あ~反応ないな。完全に切れてるね。」
って・・・


ええ~っ?それだけ?
ぷにゅぷにゅ触っただけで何がわかるの??


って、一瞬思ったのですが、
「切れてる」という所見は
私自身も救急救命士さんも先生も看護婦さんも
満場一致でしたので、異存はありませんでしたが


後日、インターネットで調べてみると、
このぷにゅぷにゅさわってみる検査は、
トンプソンテスト」という検査方法で、
正常なら足首が反応して曲がるけれど、
アキレス腱がが切れていると足首が全く動かないのだそうです。
ちゃんとした検査のようです。
 
ただ触っていただけじゃなかったのね


そんなことより、私は大きな勘違いをしていました。
搬送先の病院で
ちょちょっと、すぐに手術していただけると思っていたんです。


「一度家に帰って、入院の準備をして、3日後に手術しますので来て下さい」
と言われたときには、

み・・・みっ・・・三日後~!?

って、大声で叫んでしまいました。


アキレス腱って、
切れていてもつま先を伸ばした状態でギブス固定していれば
すぐに手術しなくても1週間くらいはそのままでも大丈夫なんですって。


私もこのあと切れっぱなしの状態で、4日間過ごしました。


すぐに応急処置(ギブスで固定するだけ)をしてもらい、
何の心の準備もできていないまま、
リハビリルームで松葉杖のサイズ調整してもらい、
早速歩行訓練を開始

注) ここまで、アキレス腱断裂から1時間です(笑) 

あまりの急展開に気持ちが付いていかず、
リハビリの先生(理学療法士さん)に
「明日からどうしたらいいんでしょうねぇ
って、グチってました


その日のうちに、松葉杖での階段の上り下りまでマスターして、
リハビリの先生や看護婦さんに
「上手ですね~!運動神経いいですね~!」
と誉められ・・・
「運動神経がよければ、今、こんなことにはなってません
と心の中でつぶやきながら、
元気に「ありがとうごさいま~す
とお返事して、
初日リハビリを終了しました。


病院からタクシーで帰宅中、運転手さんが、
「お客さん!大丈夫や!門田かて2回も切ったけど復活したんやで」
って励ましてくれました。

意味不明だったけど、なんだかとてもうれしかった

門田ってだれやろ?
阪神の選手かな?と思ったのですが、
聞いたところで、野球オンチの私には多分わからないと思ったので、

「はい!門田を見習ってがんばります!」
ってテキトーなお返事をしました。


帰ってからインターネットで調べたら、
門田とは、阪神の選手ではなく、往年の南海の門田博光選手のこと?
アキレス腱を切った回数は2回ではなく1回でした(笑)



そんなこんなで、
どたばたのうちに帰宅したら、
玄関前に、主人、主人の両親、私の母、息子娘、家族勢ぞろいでした


誰がどうだったかは申しませんが、
笑っている人、怒っている人、涙目の人・・・反応は様々で、

私は「ご心配・ご迷惑をお掛けしてすみません」と、
ひたすら平謝りするばかりでした。


つづく






  1. 2012/05/12(土) 10:45:59|
  2. アキレス腱断裂日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アキレス腱断裂日記 【1日目 怪我~救急搬送】

めったにできない経験をしましたので、
忘れないうちに記録しておこうかと(笑)

ご興味のない方はスルーしてくださいね


4月23日(月)

そのときは、突然やってきました

テニススクールで、ゲームを楽しんでいたときのことです。
練習開始から1時間以上たって、体はすっかりほぐれていました。
ストロークの調子もとってもよくて
 この日のダブルスの試合も優勢でした。


あとからいろんな人の話を聞くと、
この「調子がいい」っていうのが、落とし穴みたいですね。
調子がいいものだから、
とっさに、筋肉のコントロールが不十分な状態まで動いてしまうそうです。
(まあ・・・私の怪我の原因は、単なる老化だと思うのですが


チャンスボールがきて、走りこんで会心のショットを打ったあと、
「よし!決まった!」
と、しゃがみこんだ瞬間・・・

バンッ っていう大きな音と、
右足の足首の後ろを、誰かに蹴られたような衝撃があって、
その場に倒れこんでしまいました。


このとき、足先はほとんど動かせなかったのですが、
不思議とみはほとんどなかったんです。


心配して駆け寄ってきてくれたコーチと友達に肩を貸してもらってコートの外に出て、
靴下をそ~っとめくってみたら、
足首の後ろ側が2~3センチ陥没して、
明らかにアキレス腱がつながっていないのが見てわかりました。


私、学生時代剣道部で、
練習中に部員がアキレス腱を断裂した現場にいたことがあって、
そのときの状況と、今の自分が全く同じだったので、
切れた
と確信しました。


おずおずと、「あのぅ・・・多分アキレス腱切れました」
って、言ってみたのですが、
なんだかか気恥ずかしくて半笑いだし、
全然痛がっていないので、
はじめは誰も信じてくれませんでした。


その後、
怪我に詳しいコーチが、私の足の状態を見てくれて、
「切れてる」と判断して救急車を呼んでくれました。


このときは、「ええっ~まさか救急車ぁ~??」って、びっくりしましたが、
後から考えたら、
この足の状態で、自分で救急外来のある病院まで行くのは
到底無理だったと思うので、
結果的にはとっても助かりました。


初☆救急車でした。 

初ギブス
初松葉杖
初手術
初入院(大部屋)


と、このあと次々とはじめての経験をすることになったのです。


救急救命士さんにストレッチャーに乗せられて
汗だくのテニスウエアのまま
スクールを運び出される情けない私の姿を、
「シャメとってあげようか
って、お友達が言ってくれたんだけど・・・

ほんとは、記念に一枚ほしかったんだけど ・・・

救急救命士さんの前でさすがにそれは不謹慎だと思って
丁重にお断りしました。


シャメがあれば、この位置に掲載できたのにな(笑)


救急車で南芦屋浜病院に搬送されている最中、頭の中に浮かぶのは、
自分の足のことではなくて、
翌日からのお花の教室どうしょう・・・とか
毎日の買いものや、子供たちの送り迎えをどうしよう・・・とか、
高齢の主人の両親のことをどうしよう・・・とか、
そんなことばかり。 


こりゃ~大変なことになった


次第に起こってしまった事の重大さがわかってきて、
病院に着いたころには、頭がパニックになっていました。


つづく


...read more
  1. 2012/05/11(金) 13:17:39|
  2. アキレス腱断裂日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

バラ風呂ならぬ桜風呂

4月22日(日) 

隣のおじいちゃん(主人の父)が
庭の八重桜の枝を切って持ってきてくれました。

5月10日3 

5月10日2

挿しきれないほどの枝数でしたので、
残ったお花で、こんなお風呂 ↓ を楽しみました♪

5月10日 

桜を浮かべた「桜風呂」

一番風呂は、花房を鑑賞しながら優雅に入浴
ニ番・三番風呂は、散り初めの桜と、ちょっぴり桜餅の香り(葉っぱの香り)を楽めました。
四番風呂は、「花筏」で一番風流だったかも 

家族4人でじゃんけんで順番を決めました。

私は2番風呂
桜餅の香りのお風呂でした♪


4月22日(日)・・・これがまさかこれが最後のお風呂になるとは

4月23日(月)にアキレス腱を断裂し、
以後、今まで蒸しタオルで体を拭くかシャワーだけ・・・

家族には、
「なんか・・・あのときの風呂は最後の晩餐みたいやったなぁ」
って、言われちゃいました




  1. 2012/05/10(木) 10:18:23|
  2. おかん日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

青いカーネーション

怪我のためしばらくの間レッスンに出れませんので、
過去のレッスンの写真を整理してご紹介していきたいと思います。


プティ・フルール芦屋教室
(芦屋市民センター*水曜開催)

この日は、
話題の青いカーネーション「ムーンダスト」
レッスンに登場しました。

5月8日 

青ちゃうやん 
どう見ても紫やん

って、パソコンの前で突っ込みを入れてませんか(笑)

実は私も
はじめて見たときには思わず突っ込んじゃいましたけど

発売元のサントリーのホームページによると、
「青い色素」を持つ、正真正銘の「青いカーネーション」らしいです。


まあ、細かいことは置いといてぇ~

何色と定義されようと、
この吸い込まれるような美しい花色には脱帽です!

脇役のイメージが定着しているカーネーション(←私の個人的なイメージ)ですが、
「ムーンダスト」は主役を張れるほどの華やかさがあります。


5月8日2 

個性的な色なのにほかのお花との調和もよく、
アレンジメントにとても使いやすいです。

生産から販売まで徹底管理されているため、
花もちも抜群にいいです。


いつになくべた褒めな私(笑)


ロイヤルブルーのリボンを合わせたら、
とっても上品で華やかなアレンジに仕上がりました♪



  1. 2012/05/08(火) 14:40:21|
  2. ☆プティ・フルール芦屋教室☆|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

連休明けですねぇ~。。。

お久しぶりです。

みなさま、楽しい連休をお過ごしでしたか?
今年はカレンダーの並びが良くて、
最長9連休の方もいらっしゃったみたいですね


私はといいますと、

携帯を使えないところに
行っていました

・・・って、海外でバカンスじゃないんです 。

実は連休直前、
テニスの練習中に アキレス腱を断裂してしまいまして、
手術のため、連休中ず~と六甲アイランド病院に入院していました

病院のベッドで、
ぼ~っと・・・
ただひたすら・・・
ぼ~っと過ごしていました。
 
今まで生きてきた中で一番ゆっくり過ごした連休だったかも

術後、何にもすることがなくて、
文庫本読んだり、テレビを見たりして過ごしていたら、
だんだん日にちの感覚がなくなってきて、
私・・・このままボケちゃうかも
と、不安になりかけたところで、やっと退院できました


旦那さんは、私が入院中、
子供の世話や慣れない家事に大奮闘したせいで
げっそり

おまけに、隣の実家の方でも大事件が発生して、
その対応で、
さらにげっそり
(↑ このときの大事件については、またいつの日か・・・)


ほんまにお気の毒だったのは、旦那さんだったかもしれません。


そんなわけで、
しばらく松葉杖生活になりそうです。

5月7日

レッスンの休講や変更で、
教室の生徒様にはご迷惑をお掛けすることになってしまって、
大変申し訳ありません。

しばらくの間、
アトリエみき芦屋教室(芦屋市青少年センター)は今井陽子先生が、
プティ・フルール芦屋教室(芦屋市民センター)と
アトリエみき御影教室(御影公会堂)は田崎香代先生が
担当してくださいます。

どうぞよろしくお願いいたします。



  1. 2012/05/07(月) 16:43:31|
  2. おかん日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
04月 « 2012年05月 » 06月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

miki

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。