スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アキレス腱断裂日記 【1日目 怪我~救急搬送】

めったにできない経験をしましたので、
忘れないうちに記録しておこうかと(笑)

ご興味のない方はスルーしてくださいね


4月23日(月)

そのときは、突然やってきました

テニススクールで、ゲームを楽しんでいたときのことです。
練習開始から1時間以上たって、体はすっかりほぐれていました。
ストロークの調子もとってもよくて
 この日のダブルスの試合も優勢でした。


あとからいろんな人の話を聞くと、
この「調子がいい」っていうのが、落とし穴みたいですね。
調子がいいものだから、
とっさに、筋肉のコントロールが不十分な状態まで動いてしまうそうです。
(まあ・・・私の怪我の原因は、単なる老化だと思うのですが


チャンスボールがきて、走りこんで会心のショットを打ったあと、
「よし!決まった!」
と、しゃがみこんだ瞬間・・・

バンッ っていう大きな音と、
右足の足首の後ろを、誰かに蹴られたような衝撃があって、
その場に倒れこんでしまいました。


このとき、足先はほとんど動かせなかったのですが、
不思議とみはほとんどなかったんです。


心配して駆け寄ってきてくれたコーチと友達に肩を貸してもらってコートの外に出て、
靴下をそ~っとめくってみたら、
足首の後ろ側が2~3センチ陥没して、
明らかにアキレス腱がつながっていないのが見てわかりました。


私、学生時代剣道部で、
練習中に部員がアキレス腱を断裂した現場にいたことがあって、
そのときの状況と、今の自分が全く同じだったので、
切れた
と確信しました。


おずおずと、「あのぅ・・・多分アキレス腱切れました」
って、言ってみたのですが、
なんだかか気恥ずかしくて半笑いだし、
全然痛がっていないので、
はじめは誰も信じてくれませんでした。


その後、
怪我に詳しいコーチが、私の足の状態を見てくれて、
「切れてる」と判断して救急車を呼んでくれました。


このときは、「ええっ~まさか救急車ぁ~??」って、びっくりしましたが、
後から考えたら、
この足の状態で、自分で救急外来のある病院まで行くのは
到底無理だったと思うので、
結果的にはとっても助かりました。


初☆救急車でした。 

初ギブス
初松葉杖
初手術
初入院(大部屋)


と、このあと次々とはじめての経験をすることになったのです。


救急救命士さんにストレッチャーに乗せられて
汗だくのテニスウエアのまま
スクールを運び出される情けない私の姿を、
「シャメとってあげようか
って、お友達が言ってくれたんだけど・・・

ほんとは、記念に一枚ほしかったんだけど ・・・

救急救命士さんの前でさすがにそれは不謹慎だと思って
丁重にお断りしました。


シャメがあれば、この位置に掲載できたのにな(笑)


救急車で南芦屋浜病院に搬送されている最中、頭の中に浮かぶのは、
自分の足のことではなくて、
翌日からのお花の教室どうしょう・・・とか
毎日の買いものや、子供たちの送り迎えをどうしよう・・・とか、
高齢の主人の両親のことをどうしよう・・・とか、
そんなことばかり。 


こりゃ~大変なことになった


次第に起こってしまった事の重大さがわかってきて、
病院に着いたころには、頭がパニックになっていました。


つづく



>
  1. 2012/05/11(金) 13:17:39|
  2. アキレス腱断裂日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
04月 « 2017年05月 » 06月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

miki

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。